紫外線が強い季節に重要なことは?

紫外線が強い季節に重要なことは?

紫外線が強い季節に重要なことは?

日焼け止めをしっかりと!

紫外線は、地球の温暖化の影響により増加しつつ
あるといわれています。

 

とくに紫外線が強い日に紫外線対策を行っておかないと、
肌へのトラブルや、皮膚の病気にもつながります。

 

外出の前には、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。
日焼け止めは、ローションや、クリーム、スプレーなどが
あります。

なるべく紫外線を浴びないように!

紫外線対策として、当然のことながら、
紫外線に当たらないように工夫をすることが
大切です。

 

紫外線の対策は、メラニン色素を脱色させる効果のある
スキンケアや、日焼け止めを塗りながら、

 

紫外線を浴びないようにすること、食事で紫外線への
ダメージ肌を修復させることなど色々な方法があります。

 

若い頃に浴びてしまった紫外線は、30代や40代になって
メラニン色素として、シミが表面化する可能性があります。

 

紫外線が強い日や弱い日、そして、雨や曇りの日、季節に
関係なく紫外線対策を日々行うことが必要なのです。

 

 

日焼け止めを使う時に気をつけて欲しいこと

日焼け止めには、紫外線を吸収する日焼け止めと紫外線を
拡散する日焼け止めと二種類のタイプがあります。

 

紫外線を吸収する日焼け止めは、紫外線を浸透させない効果が
ありますが、肌の中へ、紫外線吸収剤が配合されているため、
敏感肌の人には、注意が必要です。

 

肌の表面へ紫外線を跳ね返し、肌の内部へ紫外線が入り込まない効果が
あるのが、拡散する日焼け止めなのです。低刺激性で、無添加なので、
敏感肌の人にはおすすめです。

 

また、日焼け止めには、SPF値が表示されていますが、
普段の時は、10〜30のものを、そして紫外線が強い日に、

 

山登りや、テニスなど、長時間の外出をされる場合は、
SPF50くらいのものがおすすめですが、
その際にも、紫外線を浴びないように帽子をかぶって行きましょう。

 

■本日の気になる美容記事を紹介!
>>アンプルール美白の口コミレビュー!新型ハイドロキノンの効果は?


ホーム RSS購読 サイトマップ